くじらのノルウェーをほおばりながら

疲れました

今日は朝からずっと動きっぱなしでヘトヘトになっちゃいました。

今日は朝から幼稚園に送りに行った後に、私のインフルエンザの注射を打ちに行く為に病院へ
その後そのまま銀行で幼稚園の保育料を入金しました。
ずっと入金を忘れていて未納だった為急ぎで入金してきました。

それから自転車で区役所に行き子どもの医療費の事をやりに行ってきました。

近くの駅ビルについでに行ったけど、娘が言うことを聞かないので、すぐに帰る事にしました。

でも帰り道買い物をして帰宅しました。

荷物はあるのに娘は抱っこと言ってワガママ炸裂です。

妊婦の私には結構辛いです。

帰宅して1時くらいしたら今度は幼稚園のお迎えに行かないといけないのに出る30分前に娘が寝ちゃいました。
もう置いて行きたかったけど、絶対今日は公園に行くって言ってたので連れて行かないと無理ってなり起こして連れて行きました。

幼稚園の後はやっぱり久しぶりの公園です。

私がつわりでなかなか行けなかったので嬉しかったみたいですごく喜んではしゃいでいました。

さすがに疲れたのか帰ってきてコタツで爆睡しちゃってます。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

平凡な毎日の中で子どもと

私は毎日同じでサイクルで生活していて変化もなにもない日々を過ごしています。

朝起きて旦那の弁当を作って朝ごはんを用意して旦那と子どもを起こしてご飯を済ませて、旦那の見送り。

玄関で子どもと一緒に行ってらっしゃいと見送ると子どもが元気に手を振るせいか旦那も心なしか笑顔で仕事へ行ってる気がします。

そのあとは大忙しですけどね。

布団を干して洗濯物を済ませて掃除して洗い物。

まだまだかまってほしい子どもは一人遊びが出来ず一個一個の作業にとても時間がかかります。

あっという間にお昼になってご飯を作って一緒にいただきますして片づけをすませて少しゆっくりして子どもがお昼寝。

その間に普段出来ない部屋の片づけや内職をしてみたり。

子どもが起きたらおでかけ。

お散歩がてら公園で遊んだりしてから買い物にそのまま出掛け夕飯の食材を購入し、帰宅。

お風呂の準備をして子どもを一緒にテレビを見たりしてゆっくりしてからお風呂にはいり、夕飯の準備をして先にいただきます。

22時頃に旦那が帰宅。

お昼のお弁当の中身はないと嬉しいものですね。

旦那にもご飯をを用意してお風呂をすすめてその間に寝る準備をして子どもを遊ぶ。

あがって一息ついた旦那も子どもを遊ぶ。

そして歯磨きをして寝る準備を完璧にしておやすみなさい。

毎日毎日この繰り返し。

空いてる時間があれば子どもと遊んで、子どもが中心の生活でまだ自分の時間がほしいと思うときもあってあずけたりしたいと思ったりもするけども、妊娠中に辛いことも悲しいこともこの子と乗り越えてこの子が支えてくれたから頑張ってこれたんだって思うと自分の時間なんてこの子が自立してからでも十分だなって思えます。

小さいときの感動も愛情も今しか味わえませんしね。

こんなに可愛くて大切な子どもがいて幸せじゃないなんてありません。

大変だけども平凡だけども私は子どもがいるから幸せな毎日です。

私の大切な宝物、ありがとう。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

ウルトラマンフェスティバル

先日、家族でウルトラマンフェスティバルへ行ってきました。

ウルトラマンが大好きな3歳の息子。

行く前からずっと楽しみにしていて、電車の中ではまだ着かないの?まだ着かないの?とうるさかった~(笑)
会場に着くなり、たくさんのウルトラマンがずらりと並んでいて息子、大興奮!
ウルトラマンのポーズで写真を撮ったり、会場内をぐるりと走る電車に乗ったりして楽しみました。

ショーの時間になって決められた席へ。

前から4列目の見やすい席。

ショーが始まるとタロウやセブン、ギンガなど好きなのが出てきて、これまた大興奮!
イスに座りながら一緒に戦ってました。

パパの膝に座っていた1歳の娘は音にびっくりしたのか少し怖がっていてパパにしっかりつかまっていました。

ショーは私もすごく楽しかった。

ショーが終わってグッズ売り場へ。

息子の目はキラキラ!
あれもこれもと色々物色していたけど、私、そんな太っ腹ではありません。

とりあえず限定品だけはゲット。

その他はごまかしました。

人がたくさんいて疲れたけど、息子は楽しめたようだし大満足なイベントでした。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

あわら温泉

この話は、相当古い話となります。

それは化学品のメーカとして、営業をして10年位の頃

営業の開発部門があり、その次長さん大先輩で日頃から

気質が合い御世話になっておりました。

ある時私は福井の化学会社の研究所2ヶ所へ、次長は

大学との先生と約束がある、と言う事で京都で待合い

向かいました。

次長の言うには、ビジネスホテルに泊まっても味気ない、

あわら温泉、安い所押さえてくれと、それはいい案だ、と

電話で交渉して、旅館に着きまして立派な構えと、ロビー

にビックリ、部屋への案内中次長は、価格の割りに立派や

ないか、と脇をつつく始末で、でも直ぐ裏側の旧建物と分り

納得しました。

その夜、2人で相当盛り上がり、呑みすぎて明くる日、仲居

さんに、私も永くこの仕事しているが、あんた達みたいによく呑む

人は初めてです、もうビックリしたと言われる始末。

案の定2人は二日酔いで、頭ガンガン今度からこんなに

呑むの止めようで、言いながら仕事に向かいました。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

今までごめんなさい

 先月5年半続けた仕事を退職しました。
大好きな仕事でしたが、始まる時間も、終わる時間も遅い仕事でしたので、規則正しい生活をするのが大変なこともありました。
また、主人の生活パターンに合わせるのも大変でした。

 そんな中、ずっと気になっていた生理不順を治しに産婦人科を受診しました。
そこで、ホルモンバランスが大きく乱れていることがわかりました。
いずれ子どもも欲しいと思っていましたので、すごくショックでした。
そこで、仕事を辞めて、一度体をリセットしよう!と決意しました。
体にいいことをして、ストレスの無い生活をすることにしました。

 まず、友人から勧められていたホットヨガを開始しました。
ホットヨガは本当に楽しく、すぐにはまりました!滝のように汗をかくと、気持ちがスーッとします。
自分の呼吸に耳をすませ、体の隅々まで血液を巡らせるようなストレッチは本当に気持ち良いものです。
今まで伸ばしたことの無い筋を伸ばしたり、ただ真っ直ぐ立つだけのことが難しいと気づいたりする中で思いました。
「自分の体なのに、大切にしていなくて今までごめんなさい」と。

 仕事をしていたことは悪いとは思いません。
忙しく仕事をしながらも、健康に気を遣っている方はたくさんいらっしゃると思います。
今までの私は、「頑張ったからたくさん食べてもいいや。
ちょっとぐらいダラダラしてもいいや」と、「いいや」の連続でした。
もっと自分の体と向き合ってくれば良かったと、後悔しました。

 でも、後悔先に立たずです。
時間は元に戻せません。
遠回りしたと思いますが、これからは趣味のヨガを続けながら、自分の体を大事にしていきます。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

映画 青天の霹靂レビュー

週末がとても暇でたまには大きなスクリーンで映画でも見るかと何年振りかの映画館に足を運びました。

流行のアナと雪の女王に少しだけ心惹かれましたが、映画館の隅っこに申し訳なさそうに『青天の霹靂 監督 劇団ひとり』という小さな広告が目に止りました。
しかも主演、大泉洋。
なんだコメディ映画か。
最近、笑ってないしこれでも見て笑うか。
軽い気持ちでチケット購入。

まさかこの映画を見て終わりに笑い泣きではなく感動で泣いていると思いませんでした。

ストーリーを簡単にご説明しますと、将来に何の希望も持たない売れないマジシャン大泉洋が、生きる上で自分の存在価値って何なんだろう。
そんなことを日々考えながら悶々とした生活を送っていると突然、自分の生まれた70年代にタイムスリップしてしまう。

タイムスリップした現実を何とか受け止め、自分の職業でもあるマジックを演芸場で披露することで何とか生活していくこととなった。

そしてその演芸場で若かりし頃の父と母と出会う。
自分のことを隠しながら、実の両親と触れ合うことで自分が生まれた理由、そして如何に両親に愛されて生まれてきたのか。
そして父が自分を傷つけないように悲しませないようについた嘘を知ることになる。

この映画を見て、自分もこんな感じで両親に愛され、望まれながら生まれてきたのかと思うと涙が止まらなくなりました。
そして、映画を見た後には両親を大事にしようと心から思う作品でした。
また感動で涙するだけでなく劇団ひとり&大泉洋のコンビは笑いも提供してくれます。
笑いあり、最後には涙ありと久し振りに落ち度のない邦画を見たと大変満足しております。

心から笑いたい、心から泣きたい。
そんな両方を味わいたい方。
1度ご覧になられることをオススメします。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

深夜アニメにハマる、の巻

こどもの頃はアニメとか漫画とか大好きだったのですが、
ここ10年以上、生活サイクル上テレビをあまり見ていませんでした。

最近、仕事が終わってからご飯を作るのが面倒になって、しばらくコンビニ弁当が続いてしまったのですが、ご飯タイムに何気なくつけたテレビ・・・。

いつもその時間に帰れるとは限らないので、見ないようにしていたのですが、たまたまその時やっていたのが「ブラック・ブレット」!
いや~、久々に面白いアニメに出会ってしまいました!
もう最終回直前だったのですが(全13話の12話でした^^;)、すっかりハマってしまいWikipediaでストーリーなどを調べてしまいました。

DVDも出るみたいなので、早く全部見たいです。

それと「シドニアの騎士」、前から人気ですが「進撃の巨人」なども、改めて調べてみてかなり面白いことに気付きました。

なんというか、現実ってこうだよね…と思わされるところが多く、こういう展開を「鬱アニメだよね」って言うのかもしれませんが、私はグッとくるものがありました。
人間のダークなところを、それぞれの感性で描写し、それをテレビ等で放送できる時代になったのですね。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

玉転がし

今日は、友人達と自宅近くのボーリング場へ行きました。

もう1年ぶりくらいのボーリングでした。

それも、小学生の頃からの友人達で本当に気心知れた仲間です。

少年野球や中学野球を共にした仲間や、高校まで共に野球をした仲間もいました。

お互いの初恋や初彼女も知ってるような深い関係です。

大学生になっても私が実家に帰省した際には必ず遊んでいます。

その後は、食事に行って個々人の現状を話したり昔の笑い話をしたりと盛り上がりました。
一人の友人がトイレに立ち、少ししーんとした雰囲気になり、私は考え事をしました。

私らは来年から就職してみんな離れ離れになります。
そう考えると相談して励まし合ってきた友人たちはとても大きな存在だったなとふと感じました。
これまで以上に違う道を歩んでいくということを感じた瞬間でもありました。

これからは、彼らの存在を大きなものだったと感じながらも就職先でも良い同僚や友人に出会い、友人達のような関係を作って行けたらなと感じました。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

みなさん、おとなしい。

今日、お盆の帰省前に美容室にカラーリングとカットに行きました。
美容室って、美容師さんがいろいろとおしゃべりしてくれて、真剣じゃなく、ちょっとした世間話など時間を忘れるかんじで過ぎていくというところだと思っていました。
関西で育った私は、美容師さんと話をすることは、それなりに楽しみにして、美容院に行っていました。
でも、こちら関東では違うのかな?と思ってしまうくらい、周囲の人は静かなのです。
私は、もう周りをそんなに気にしない、関西育ちのおばちゃんなので、シーンと黙ったままも、ちょっと変な感じがして、ぺちゃくちゃとおしゃべりして帰ってきました。
一緒に行った娘は、「お母さん、ようしゃべってったなぁ。
」というくらいに、美容師さんとおしゃべりしてきました。

美容師さんも、ちょうど私と同世代で、娘と同い年の子どもさんがいたから、いろいろと共通点があって、美容室近辺の情報などいろいろと教えてくれました。
知らない人としゃべるのも、新しい情報を得ることができるから、その土地を知るのには、とても助かることもあります。
今日は、娘のアルバイト先情報も聞いてこれたので、アルバイトを探している娘にはラッキーだったと思います。
おとなしくしていても、何も進歩はないし、自分から一歩でないと何も変わらないと思うので、関西のノリを押し付けず、隠さないよう、やっていきたいと思います。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

ホントに美味しい焼肉屋さん

 子どもの誕生日のリクエストが「お肉食べたい」だったので、家族で焼き肉♪いつもなら子どもが行っても楽しそうなチェーン店へ行きますが、じぃじとパパは実はあまり好きではないのです。
二人が美味しいと言うのは煙モクモクで、通なおじ様達がいっぱい居そうな、個人の焼肉屋さん。
もちろん「子どもはやめた方がいい」と本人達が言うので行きません。
が、美味しいなら行ってみたいよね。

 と、思っていたら、歩いていける所に焼肉屋さんがポンっとできました。
あんまり宣伝もせず、地味なので、本当にやっているのかさえ半信半疑。
1ヶ月ほど経つと、「あそこ美味しいらしいよ」という噂がじわじわ~と耳に入るように。
グルメなじぃじなので、だんだんと行きたくなってきてソワソワ。
で、上手く孫を巻き込み、「お肉食べたい」を見事に言わせました。

 私にとっても今回はかなり冒険!美味しくなかったらどうするんだよう、と思いつつも入店すると、出てきたのは韓国人の女将さんでした。
しかも1才ぐらいの子どもをおんぶして。
夫婦で切り盛りしてるようです。
新しさもあってお店はとてもきれい。
悪く言えば殺風景。
でも匂いもあんまりなかった。
月曜日で他にお客さんも居なかった。
さぁ当たりか外れか?
 結論は、タイトル通りです。
お肉もだけど、石焼きビビンバとかチヂミとかもホントに美味しかった。
で、チェーン店より安く上がりました。
女将さんは片言だけどしっかり日本語で接客してて、好感がもてました。
じぃじとパパも「やっぱり、こういう所の焼肉が美味いな」と大満足で、もちろん子どもたちもお腹一杯です。
久しぶりに、外食して心の底から美味しいと思えたかも。
また行きたいな。
お金貯めなきゃな。
口コミで美味しいって広めとかなきゃね。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー