2月 2014 Archive

私の夢

今日、本屋に行くと、「子供の科学」という雑誌が目につきました。
小学校のとき、毎月予約していて読んでいた本です。
内容は少し変わっていたけれど、この年齢になって読んでも楽しかったです。
その本を見ていろいろ工作したり、実験したり。失敗も多かった。
けど、それはそれで楽しくて、そういう経験は大人になってからより有意義な時間であることに気付くんですよね。
今ではすっかり時間に追われる毎日です。
あのころのようにいろいろな物に興味を持つ余裕もなくなってしまったんじゃないかとさえ思います。
小学生の思い出として、今もなお色濃く記憶に残っているのが、夏休みです。
夏休みが始まると、もうずっと休みが続くのではないかと毎回思っていました。
しかし、8月の後半になると夏休みの終わりが見えてきて、また学校かぁとため息ばかりついていたものです。
宿題もロクにやらない子でしたので、そのころになると必死になって日記を書いたり、もう遠い記憶となった海水浴の風景を描いたりとおおわらわになるのです。
でも、出来ることなら一日でもいい。
一日だけでも良いですから、小学生に戻りたいです。
小学生に戻って、もう一度ゆっくりとした時間をこの身で味わいたいです。
私のかなわない夢です。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

思いっきりこけました

ここのところ風邪気味だったのですが、
やっと体調も快方にむかい、やれやれと言ったところです。
これで仕事もバリバリできるなと思った矢先、おもいっきりこけてしまいました。

それも、商店街の歩道の敷石につまずいてしまったのです。
両手に紙袋、そしてリュックサックを背負っていたのですが、
荷物はぶちまけてしまい、傘も放り出して、もののみごとにすっ転びました。
ひざをすりむいてしまい、とてつもない痛みに襲われております…。

家に帰ってから気付きましたが、
足首も軽く捻挫しているようで、風呂から出たら痛み出しました。
腰も打ってるのかな?ちょっと鈍痛を感じたりもしますが、
転んだ日にこれなら、きっと明日はもっと痛くなるんじゃないかと心配です。
骨には異常ないと思いますが、これって一応病院で診てもらったほうがいいのかな。
まあ明日になってから決めようかなと思います。

しかし、そのこけた現場である商店街は、もう活気がない地帯で
シャッター通りと化しているので普段は人通りが少ないんです。
でも、こけた日に限ってなぜか大勢のひとがいて、
当然こけたところも見られて、とても恥ずかしかったです。

聞くところによると、近くの市民会館で何かのイベントがあった模様。
これからはよくみて歩きたいと思います。年齢のせいかも知れませんが…。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

今日の小さな幸せ

今日はお昼にお家でまったりしていると、ピンポーンとチャイムが鳴りました。br /昼からの来客に何だろうと思い出てみると、訪問パン屋さんでした。br /車で手作りパンを売りに近所に来ていたようで、私も普段ないことだったので急いで車へ駆け寄りました!br /ご近所の方も来ていて、パン屋さんがおすすめのものを紹介しているところでした。br /パン屋さんいわく、食パンがおすすめなようで、少しお高いですが、他とは違うおいしさという言葉についついつられて買いました。br /ほかにもたくさんおいしそうなパンがあり、迷いながらも何点か購入しお家へ。br /さっそく食パンをトースターで焼き何もつけずに食べると本当においしくて、ほんのりバターの香ばしさに幸せを感じました。br /ほかのパンもそれぞれおいしくて、今日パン屋さんが来たことにすごく感謝です!br /今日はなんだか幸せな気分でした。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー