9月 2014 Archive

玉転がし

今日は、友人達と自宅近くのボーリング場へ行きました。

もう1年ぶりくらいのボーリングでした。

それも、小学生の頃からの友人達で本当に気心知れた仲間です。

少年野球や中学野球を共にした仲間や、高校まで共に野球をした仲間もいました。

お互いの初恋や初彼女も知ってるような深い関係です。

大学生になっても私が実家に帰省した際には必ず遊んでいます。

その後は、食事に行って個々人の現状を話したり昔の笑い話をしたりと盛り上がりました。
一人の友人がトイレに立ち、少ししーんとした雰囲気になり、私は考え事をしました。

私らは来年から就職してみんな離れ離れになります。
そう考えると相談して励まし合ってきた友人たちはとても大きな存在だったなとふと感じました。
これまで以上に違う道を歩んでいくということを感じた瞬間でもありました。

これからは、彼らの存在を大きなものだったと感じながらも就職先でも良い同僚や友人に出会い、友人達のような関係を作って行けたらなと感じました。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

みなさん、おとなしい。

今日、お盆の帰省前に美容室にカラーリングとカットに行きました。
美容室って、美容師さんがいろいろとおしゃべりしてくれて、真剣じゃなく、ちょっとした世間話など時間を忘れるかんじで過ぎていくというところだと思っていました。
関西で育った私は、美容師さんと話をすることは、それなりに楽しみにして、美容院に行っていました。
でも、こちら関東では違うのかな?と思ってしまうくらい、周囲の人は静かなのです。
私は、もう周りをそんなに気にしない、関西育ちのおばちゃんなので、シーンと黙ったままも、ちょっと変な感じがして、ぺちゃくちゃとおしゃべりして帰ってきました。
一緒に行った娘は、「お母さん、ようしゃべってったなぁ。
」というくらいに、美容師さんとおしゃべりしてきました。

美容師さんも、ちょうど私と同世代で、娘と同い年の子どもさんがいたから、いろいろと共通点があって、美容室近辺の情報などいろいろと教えてくれました。
知らない人としゃべるのも、新しい情報を得ることができるから、その土地を知るのには、とても助かることもあります。
今日は、娘のアルバイト先情報も聞いてこれたので、アルバイトを探している娘にはラッキーだったと思います。
おとなしくしていても、何も進歩はないし、自分から一歩でないと何も変わらないと思うので、関西のノリを押し付けず、隠さないよう、やっていきたいと思います。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

ホントに美味しい焼肉屋さん

 子どもの誕生日のリクエストが「お肉食べたい」だったので、家族で焼き肉♪いつもなら子どもが行っても楽しそうなチェーン店へ行きますが、じぃじとパパは実はあまり好きではないのです。
二人が美味しいと言うのは煙モクモクで、通なおじ様達がいっぱい居そうな、個人の焼肉屋さん。
もちろん「子どもはやめた方がいい」と本人達が言うので行きません。
が、美味しいなら行ってみたいよね。

 と、思っていたら、歩いていける所に焼肉屋さんがポンっとできました。
あんまり宣伝もせず、地味なので、本当にやっているのかさえ半信半疑。
1ヶ月ほど経つと、「あそこ美味しいらしいよ」という噂がじわじわ~と耳に入るように。
グルメなじぃじなので、だんだんと行きたくなってきてソワソワ。
で、上手く孫を巻き込み、「お肉食べたい」を見事に言わせました。

 私にとっても今回はかなり冒険!美味しくなかったらどうするんだよう、と思いつつも入店すると、出てきたのは韓国人の女将さんでした。
しかも1才ぐらいの子どもをおんぶして。
夫婦で切り盛りしてるようです。
新しさもあってお店はとてもきれい。
悪く言えば殺風景。
でも匂いもあんまりなかった。
月曜日で他にお客さんも居なかった。
さぁ当たりか外れか?
 結論は、タイトル通りです。
お肉もだけど、石焼きビビンバとかチヂミとかもホントに美味しかった。
で、チェーン店より安く上がりました。
女将さんは片言だけどしっかり日本語で接客してて、好感がもてました。
じぃじとパパも「やっぱり、こういう所の焼肉が美味いな」と大満足で、もちろん子どもたちもお腹一杯です。
久しぶりに、外食して心の底から美味しいと思えたかも。
また行きたいな。
お金貯めなきゃな。
口コミで美味しいって広めとかなきゃね。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー

欲しいものが手に入った時

以前から欲しかったもの欲求していたものが手に入った時と言うのは棚から牡丹餅やスポンサーに恵まれたり臨時収入や幸運が舞い込むだけでは無くて、能力を生かせた実質的な力があったり種まきした結果が実を結んだり頑張って来た成果が目に見えて結果が出たりの時もありますが、そんな時はキラキラ輝くものが手の上に乗ってるような感じで成功したと最高の喜びを感じて楽園に居るようなエクスタシーを感じ意識がもうろうとしたり心奪われてうっとりとして意識がはっきりしないくらいに放心状態にもなります。
でも良い結果で結論が出たと言う事は基盤が出来た今後への更なる成功への道しるべの長期計画のスタート地点でもあります。
今までの蓄積を元に更なる豊かさを求めて成功させる目標の確かな手ごたえを得たら手放さない様に重みも感じないといけない状態でもあります。
悩んで居た事が達成して解決し地に足が着いた状態で次に新しい道が開けたので着実な一歩を踏み出しましょう。

Posted by 学校給食ファン in ダイアリー